C

会社概要

商 号 ヤマト発動機 株式会社
設 立 1957年(昭和32年) 3月
代 表 者 代表取締役社長 新 槙 廣 文
資 本 金 1億円
決 算 期 9月
従業員数 121名
事業内容 ボートレース用ボート、モーター、プロペラの製造販売
レスキュー艇の製造販売
ボートレース場、河川湖沼などの発着ピット、消波装置の設計・製造・施工
賃貸倉庫
取引銀行 三菱東京UFJ銀行銀座通支店、群馬銀行太田支店
群馬銀行大原支店、三井住友銀行太田支店

本社展示ルーム『Boat Race Factory』

2015年10月、本社内にボートレース業界の一翼を担ってきたモーターやボート等の歴史と、私たちの物づくりの一端をご紹介する展示ルームを開設しました。

テーマは【Evolution ~これまでも、これからも~】

伝統をリスペクトした物づくりに新たな技術を加え、ボートレース業界と共に進化を続けるヤマト発動機をご覧いただけます。

★ 工場内及び展示ルームのご観覧にあたりましては、業界関係者様からのご紹介と予約が必要となります。

本社及び工場

所 在 地 〒379-2305 群馬県太田市六千石町214番地
電 話 0277-78-6211
FAX 0277-78-6219
交通案内 ●お車ご利用の場合
北関東自動車道「太田藪塚IC」より、5分●電車をご利用の場合
東武桐生線「藪塚駅」下車、タクシー利用15分
JR両毛線「岩宿駅」下車、タクシー利用20分

 

沿革

1957年 3月 「笹川産業株式会社」を設立
本社を東京都中央区銀座に、モーター工場を江戸川区平井に設置
1958年 7月 群馬県太田市東本町にボート工場を設置
同時にボート製造を開始
9月 東京都墨田区にモーター運転場を竣工
10月 東京都江戸川区に平井実験場を設置
モーター関連の技術的研究を本格的に実施する体制が整う
1960年 1月 群馬県太田市新島町にボート工場を竣工
9月 商号を「ヤマト発動機株式会社」に変更
1961年 7月 銀座ヤマトビル完成に伴い、本社を同ビルに移転
1962年 8月 神奈川県座間市にモーター工場(相模原工場)を建設
同時に操業を開始
1963年 7月 相模原工場のモーター試験場を増設
1978年 10月 本社ならびに各工場を集約して、群馬県新田郡薮塚本町に総合工場を竣工
1980年 3月 笹川記念球場の完成
2000年 10月 国際規格 ISO9001品質マネジメントシステムを認証取得
11月 新ボート棟を竣工
2001年 10月 環境基準への適応化、品質向上を目指し、新モーター棟を竣工
2006年 12月 ボート製造で、ものづくり立県ぐんま「1社1技術」を取得
2009年 5月 ボートレース用発着ピットの特許取得
2011年 6月 浮遊型消波装置の特許取得
2014年 1月 太陽光発電を開始
2015年 10月 本社展示ルーム『Boat Race Factory』を開設